2020年12月16日 第3回枕と睡眠姿勢をゆる~く語るサロン

第3回枕と睡眠姿勢をゆる~く語るサロン

日時:2020年12月16日 20:00~
会場:Zoomを利用してのオンラインサロン

Zoomを利用しての無料オンラインサロンとなります。(医師向けとして開催しております。)
2か月に一度の開催を予定させていただいておりますので、ご興味ある先生方は
こちらまでメールをお願いいたします。

2020年10月21日 第2回枕と睡眠姿勢をゆる~く語るサロン

第2回枕と睡眠姿勢をゆる~く語るサロン

開催概要

日時:2020年10月21日 20:00~
会場:Zoom

話題
「診察の中で丁度良い枕高さを患者さんに聞かれた時にどうこたえればいいのか?」
「枕の苦手な方にどう枕をおすすめされますか?」
「患者さんに丁度良い枕の高さを聞かれたらどう答えますか?」
「市販の様々な枕についてどう思われますか?」
「枕が奏功した頸椎症性脊髄症の1症例」と題した症例報告

Zoomを利用しての無料オンラインサロンとなります。(医師向けとして開催しております。)
2か月に一度の開催を予定させていただいておりますので、ご興味ある先生方は
こちらまでメールをお願いいたします。

2020年8月19日 第1回枕と睡眠姿勢をゆる~く語るサロン

第1回枕と睡眠姿勢をゆる~く語るサロン

開催概要

日時:2020年8月19日 20:00~
会場:Zoomを利用してのオンラインサロン

Zoomを利用しての無料オンラインサロンとなります。(医師向けとして開催しております。)
2か月に一度の開催を予定させていただいておりますので、ご興味ある先生方は
こちらまでメールをお願いいたします。

2020年5月23日 第8回睡眠姿勢研究会

2020年5月23日(土)に予定されておりました第8回睡眠姿勢研究会はコロナウイルス等の状況を鑑みて、中止となりました。
参加をご検討いただいていた先生方には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
日本整形外科学会の会期中に開催を予定しておりました第8回睡眠姿勢研究会中止に対しての代替といたしまして、講演の一部であります、山田朱織の講演につきまして、YouTubeにて録画配信をさせていただくことにいたしました。ご視聴を希望される先生はお問合せください。

下記演題での開催は中止となりました。

日程:2020年5月23日(土)
会場:ANAクラウンプラザホテル福岡 2F【シャンパーニュ】

『世界で認知されていない新たな治療方法「枕治療」普及の必要性』
16号整形外科 院長
山田朱織 先生

『医学論文投稿に向けた実践的知識』
東京大学医学部付属病院22世紀医療センター特任准教授
岡敬之 先生

2019年5月11日 第7回睡眠姿勢研究会

第7回睡眠姿勢研究会

演者名:山田朱織(16号整形外科)
    南出晃人(和歌山県立医科大学整形外科低侵襲脊椎手術研究開発講座 教授)

日程:2019年5月11日(土)
会場:横浜ベイホテル東急【プリンス・プリンセス】

『脊椎低侵襲手術による脊椎疾患に対する治療概念の変化』
和歌山県立医科大学整形外科低侵襲脊椎手術研究開発講座 教授
南出晃人 先生

『夜間の頚椎姿勢管理としての枕調節の適応-枕外来の経験と研究解析から-』
16号整形外科 院長
山田朱織 先生

第7回睡眠姿勢研究会の報告書(詳細)を書面で用意しております。
ご送付いたしますので、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
info@makura.co.jp

2018年5月26日 第6回睡眠姿勢研究会

第6回睡眠姿勢研究会

演者:山田朱織(16号整形外科 院長)
   川上守(和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 分院長)

日程:2018年5月26日(土)
会場:ANAクラウンプラザ神戸 リンデン・メリッサ

『睡眠姿勢と疼痛、睡眠障害について考える』
山田 朱織 先生

『頸肩の愁訴と脊椎アライメントについて 』
和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 分院長
川上 守 先生

第6回睡眠姿勢研究会の報告書(紙媒体)を用意しております。
ご送付いたしますので、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
info@makura.co.jp

2017年5月20日 第5回睡眠姿勢研究会

第5回睡眠姿勢研究会

演者名:山田朱織(16号整形外科)
田中靖久(東北中央病院 病院長)
戸田巌雄(倉敷成人病センター 整形外科 部長)

日程:2017年5月20日(土)
会場:仙台勝山館2階 楓の間

講演1 「難治性肩こりに第一選択すべき保存治療―枕調節の理論と実践―」
山田朱織

講演2 「変性頸椎由来の痛みと麻痺」
公立学校共済組合東北中央病院 病院長
田中靖久 先生

報告    『頸椎症性神経根症に対する整形外科枕の有用性』
倉敷成人病センター 整形外科 部長
戸田巌雄 先生

日本整形外科学会教育研修会 認定番号17-0211

第5回睡眠姿勢研究会の報告書(紙媒体)を用意しております。
ご送付いたしますので、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
info@makura.co.jp

2016年5月14日 第4回睡眠姿勢研究会

第4回睡眠姿勢研究会

演者名:山田朱織(16号整形外科)
戸田巌雄(倉敷成人病センター)
松平浩(東大附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座長特任准教授)

日程:2016年5月14日(土)
会場:ヨコハマプラザホテル

講演1 『肩こりに対する枕調節の理論と実践』
山田 朱織

報告 『身体化症状のある頸部痛・肩こりの患者に対する、枕調節の有用性』
倉敷成人病センター 整形外科 部長
戸田 巌雄 先生

講演2 『姿勢、骨盤の傾きを再考する 』
東京大学医学部附属病院22世紀医療センター
運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座 特任教授
福島県立医科大学医学部疼痛医学講座 特任教授(兼務)
松平 浩  先生

日本整形外科学会教育研修会 認定番号16-0256

第4回睡眠姿勢研究会の報告書(詳細)を書面で用意しております。
ご送付いたしますので、下記メールアドレスまでお問い合わせください。
info@makura.co.jp

2014年5月24日 第2回睡眠姿勢を考える会

第2回睡眠姿勢を考える会

主催者名:山田朱織(16号整形外科)
日程:2014年5月24日(土)

プレゼンテーション 山田朱織
1.山田朱織枕研究所の理念と、その実現には睡眠姿勢研究会の活動が必要であること
2.日本全国20か所に広がる睡眠姿勢研究会ネットワーク
3.睡眠姿勢を考える会から睡眠姿勢研究会への改名
4.睡眠姿勢研究の経緯と今後の方向性
5.睡眠姿勢研究の3つの前提
6.2013.5.~2014.4.研究による新知見
頸椎アライメント
①仰臥位頸椎傾斜角②頸椎アライメントと脊髄アライメント
7.全脊椎骨盤アライメント
立位姿勢評価のパラメータを用いて臥位姿勢を評価比較
8.全脊椎骨盤アライメント調節を行うためのデバイスとしてMAKURAinBEDの研究開発

2013年5月25日 第1回睡眠姿勢を考える会

第1回 睡眠姿勢を考える会

主催者名:山田朱織(16号整形外科)
日程:2013年5月25日(土)


「睡眠姿勢研究が今、なぜ必要か?」
本プレゼンテーションの目的は、テーマである「睡眠姿勢研究が今、なぜ必要か?」という問いに対し、皆様が「睡眠姿勢研究が今必要だ」と実感して頂けるようになることです。
そのために、今日は限りある時間の中で、以下の3つご理解頂
たいと考えます。
1.睡眠姿勢の研究者がいないこと
2.最適睡眠姿勢のエビデンスがないこと
3.我々の睡眠姿勢研究の一部
1.睡眠姿勢の研究者がいないこと
現在整形外科領域において、枕や頸椎姿勢の重要性を理解
する整形外科医の数は大変少ない(0.01%未満)。脊椎外科医
や関節外科の医師に、最適睡眠姿勢や寝返りについて質問をしても、研究が困難で研究者がいないという回答のみである。
まずは研究者の創出が必要である。
2.最適睡眠姿勢のエビデンスがないこと
国内外の文献を調べても、睡眠姿勢に関するキーワードでは、整形外科や最適睡眠姿勢に直結する体系的な研究は乏しい。
睡眠姿勢のEBMを目指して、評価方法を整え、他施設共同の
臨床試験が行いたいと考えている。
3.我々の睡眠姿勢研究の一部
枕の臨床効果と最新睡眠姿勢研究の1部をご紹介する。
前者は、中期経過を観察した関節リウマチの枕の調節とX-P経過を供覧する。後者は、当研究所で現在行っているwater bed実
験、バネ定数可変クッション、ポケットコイルベッドを説明する。
MAKURAinBED®は自律制御と遠隔監視を目指している。

戻る